kazuosasaki labo

PRESENTATION 主な対外発表

2015/12/02
地域特有の無形文化財を対象に現場の環境音に注目した3D空間再現
WISS2015 Workshop of Interactive Systems and Software
高島 景載 / 佐々木 和郎 / 大淵 康成

2015/10/07
Installation Using Arduino with Interlock Sensors
CYBERWORLDS 2015 / Gotland Sweden
Abdullah Al-Khatib / Kazuo Sasaki / Mutaz Arif
"Best Paper Award"

2014/08/24
コンテンツツーリズムから見る日本文化に関する一考察
日本デジタルゲーム学会 / 第3回夏季研究発表大会
水田智浩 / 佐々木和郎
 

2015/03/28
久石譲と趙季平の音楽による日中ミュージックツーリズムの提案
第10回日本感性工学会春季大会
肖 瑩 / 佐々木和郎

2014/03/17
日中時代劇演出におけるリアリティ実現の比較研究
芸術科学フォーラム
于昕竹 / 佐々木和郎
 

2014/03/17
中日ホラー映画の比較研究 ~ 日本ホラー映画の優秀性の分析 ~
芸術科学フォーラム
祁楽 / 佐々木和郎

2014/02/16
A Study of Stage Effect using Peephole for Projection Mapping
International Conference on Electronics, Information and Communication 2014
Junya Saito / Kazuo Sasaki
 

2014/02/16
A Study of Onomatopée for Interactive Visualization Chameleonomatoe
International Conference on Electronics, Information and Communication 2014
Megumi Kaneko / Kazuo Sasaki
 

2013/11/08
表現としてのオノマトペについての一考察
芸術科学会 NICOGRAPH 2013
金子めぐみ / 佐々木和郎
 

2013/11/08
マーカートラッキングによる動的プロジェクションマッピングの研究
芸術科学会 NICOGRAPH 2013
王啓光 / 佐々木和郎
 

2013/11/08
プロジェクションマッピングを用いた覗き窓錯視
芸術科学会 NICOGRAPH 2013
齋藤純弥 / 佐々木和郎
 

2013/11/08
ビリオメディア時代の映像配信 システム最適化に関する研究
芸術科学会 NICOGRAPH 2013
吉岡孝訓 / 佐々木和郎
 

2012/11/17
二平面疑似立体ディスプレイにおける映像表現の研究
芸術科学会 NICOGRAPH 2012
金子淳 / 佐々木和郎
 

2012/11/17
プロジェクションマッピングにおける質感表現の研究
芸術科学会 NICOGRAPH 2012
眞貝維摩 / 佐々木和郎
 

2012/06/02
メディアコンテンツにおける妖怪文化の伝承と発展
日本マス・コミュニケーション学会・2012年春期研究発表会
謝宇龍 / 佐々木和郎
 

2012/06/02
メッセージツールの発達によるラジオコミュニケーションの変化
日本マス・コミュニケーション学会・2012年春期研究発表会
西島礼華 / 佐々木和郎
 

2012/03/06
コンピュータ上における箱庭療法体験シミュレーション
情報処理学会
野村浩毅 / 佐々木和郎
 

2010/09/24
LiveChromaKey を利用したプレイヤー参加型体感ゲームシステムの提案
芸術科学会 NICOGRAPH 2010
野村浩毅 / 佐々木和郎
 

PAPER 著作 / 論文

ブロードバンド境界線の旅
NHK技術研究所・広報誌 / 2003年4月号
 

テクノロジーの波とデザインの変貌
韓国テレビデザイナー協会・デザイン年鑑 / 1996年刊行
 

テレビにおけるバーチャルスタジオスタジオの可能性
テレビジョン学会・学会誌 / 1994年11月号
 

CADでのコンピュータ・グラフィックス応用
テレビ技術誌「放送技術」 / 1992年11月号
 

CADが変えるテレビ美術の世界
劇場演出空間技術協会季刊誌「JATET」 / 1991年2月号
 

「驚異の小宇宙・人体」におけるCG制作
コンピュータグラフィックス専門誌「PIXEL」 / 1989年8月号
 

CGクリエイターになるには
ぺりかん社 / 1995年12月25日 [ 共著 ]